春合宿!!!

  • 女子バレーボール部
  • at 2008/4/24 19:12:37

沖永良部合宿

 私たちは、35日から11日まで昨年と同様、沖永良部合宿に行きました。島へは、船で片道12時間以上かかります。島の人たちは大会があるたびに、この状況から試合に臨んでいると思うと本当にすごいと思いました。

 この合宿ではトレーニングを主とし、今年は84段の階段を60往復ダッシュしました。その他にも、砂浜ダッシュなどをし、「心・技・体」共にレベルアップすることができました。中でもこの階段ダッシュは毎年恒例になりそうです()また、小学生・中学生・高校生のバレーボール教室や、地元のチームの交流試合、紅白試合なども行い、どんな状況でもベストを尽くすという面で、とてもいい経験になりました。そしてジャガイモ堀体験もさせて頂きました。

 島の方々には本当にお世話になり、とても有意義なものとなりました。ホームステイをさせてくださった方、地元の方、準備をして下さったたくさんの方々に感謝し、この合宿で身につけた体力を生かし、結果に結び付けたいと思います。ありがとうございました。

投稿者:新原 京

 

 

東海スプリングキャンプ

 今回のスプリングキャンプは、東海大学・青山学院大学・福祉大学・龍谷大学・愛媛短期大学・鹿屋体育大学の計6チームが参加しました。

 相手の特徴を把握して、守備・攻撃、共に臨機応変に変えていくようにしました。関東のチームは、私達よりもブロックが高いので、スパイクの打ち方やリバンドボールの上げかたなど、とてもいい練習になりました。一人一人のミスが多く、それが公式戦になると一本のミスで勝ち負けに大きく影響します。だから、ミスをなくしていくということが課題として残りました。

投稿者:伊地知 未央

 

筑波合宿

 317日から20日まで筑波大学で合宿を行いました。筑波は今年も高さがあり、サーブとブロックを強化していました。でも、私たちの特徴であるレシーブで拾い負けせず、得セットは勝ち越しました。

 この短い筑波合宿の中でも、サーブ強化と一人一人の決定力アップという課題が見つかりました。その反面、サイドレシーブやリバウンドボールの処理という課題を克服し、新しく身につけたこともあり、これからも継続し、課題は今後の練習で克服していきたいと思います。

 私達にとってこの合宿はとてもプラスになり、次へのステップが踏めました。

投稿者:田中 涼子

 

東京女子体育大学

 関東遠征の最後は東京女子体育大学でした。

 ここでは、今までやってきたことにプラスして新しいことに挑戦しました。サーブキャッチの位置取りを変えたり、1本目をトスにして、2本目をセッターが打ったりして、レベルアップを目指しました。ライトからの攻撃に苦戦しましたが、抜けてきたボールに対し、レシーブで対応しました。

 今後もこの関東遠征で得たものを継続して、課題をもち、どんどんレベルアップをはかっていきたいと思います。

投稿者:曽我部 萌

 

えびの合宿

 3月25日から29日の5日間、宮崎県のえびに市にて九州強化合宿が行われました。九州から、第一幼児教育短期大学・西南女学院大学・九州共立大学・佐賀大学・佐賀女子短期大学・鹿屋体育大学、そして関西から、大阪教育大学・大阪大谷大学・天理大学の計9チームが参加しました。

 この合宿では、ミスを減らすことを課題としゲームに望みましたが、まだまだ波かあり安定したセットは、あまり見られませんでした。

 これからの課題として、1本目のプレー「サーブとサーブレシーブとネットプレー」を強化し、まずはリーグ戦に向けて練習を積んでいきたいと思います。

投稿者:白石 晶子


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/19126