昨日、10時から学長杯オープンヨットレースがありました
微風状態でのヨットレース、どうかなあと見学に行きました

参加者の皆さんは、微風でなかなか進まないヨットを巧みに操りながらレースを展開し、最後の夏を楽しんでいるようでした

さて、丘の上の私はと言えば
ヨットレースを前にしながら、すぐ近くの砂浜でキス釣りをしました
第1投目から当たりがあり、13㎝くらいのキスが釣れました
第2投目も第3投目も・・・

3人で1時間くらい掛けて、20数匹
その釣果は、お子さん連れのパパさん(某教員)に持ち帰り願い
夜のおかずにしていただくことになりました

わずか1時間で、私の両腕はヒリヒリするほどでした

さて、レースの展開はというと、時折吹く風を上手く捕まえるかが鍵
ヨットマン達は、3時間もの間、海の上で格闘していました

3レースを終えて上陸する彼らは、赤銅色の海の男、少年少女達
小学生でさえ、逞しく頼もしい
最後は、自分でヨットを引き揚げ、水洗い

ちなみに、福永学長もウインドサーフィンに挑戦されたようです

写真の少女のヨットは、初心者の子供用で、スピードが出ないように
先端が箱形になっているとのことでした
それにしても、こんな小さなヨットに一人乗りで沖合に・・・
いやあ、少年・少女達もよく頑張りました


海洋スポーツセンターの皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした
参加者の皆さんも、夏休み最後の海をおおいに楽しんだレースになったことと思います


ひ弱な・・・いえ、日弱な私は、肘から下が真っ赤っか
きっと2,3日は日焼けで・・・
そんなこんなで、ヨットレース見学の合間に少年に戻りつつ
最後の夏を楽しんだのでした


S:レースの結果は、後日、鹿屋体育大学のHPでご確認あれ!



                       学生サービス課 すわはら 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/20155