高温多湿・・・いよいよ熱中症の季節となりました。
野外に限らず、体育館等での締め切った状態では、体温が体の中に留まり、体温上昇とともに様々な症状が現れ、時に、最悪の場合、死を招く恐れさえあります。
今回から、熱中症の症状と救急措置について、シリーズでお知らせしたいと思います。
さて、第1回目の今回は、「熱失神」、「熱疲労」、そして「熱けいれん」に関する情報を提供します。

 

             熱中症の種類と救急措置
                      慌てず、焦らず、テキパキと!

熱中症とは、暑い環境で生じる障害の総称で、次のような病型があります。スポーツで主に問題となるのは熱疲労と熱射病です。

熱中症では予防が大切です。暑い時には熱中症の兆候に注意し、おかしい場合には早めに休むことです。
そして、万一の緊急事態に備え、それぞれの救急処置を知っておきましょう。

熱失神

           

皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失神などがみられます。顔面そう白、呼吸回数の増加、唇のしびれなどもみられます。脈は速くて弱くなります

熱疲労
 大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないと脱水がおこり、熱疲労の原因となります。脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられます。

            

     
失神、熱疲労の救急処置

           涼しい場所で水分補給
                   
涼しい
場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です。吐き気やおう吐などで水分補給ができない場合には病院に運び、点滴を受ける必要があります。

 

熱けいれん            
大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこります暑熱環境下で長時間の運動をして大量の汗をかく時におこるもので、最近ではトライアスロンなどで報告されています。
                                  
   
熱けいれんの救急処置

生理食塩水(0.9%)を補給すれば通常は回復します。

 

何れの場合も、救急措置だけに頼ることなく、保健管理センターへの相談や必要に応じた医療機関での診察を受けるようにしてください。


                               学生サービス課 すわはら

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/19954