現在流行している新型インフルエンザ(H1N1型)については、ウイルスの特徴が次第に判明してきていることと社会への影響を考慮され、感染拡大防止対策も、若干緩やかになりつつあります。
しかしながら、感染が県内や学内で拡大することになれば、最悪の場合、一定期間臨時休業等の感染拡大の防止策が必要となってきますので、個々人の予防対策はこれまで同様続けていただきたいと思います。
大学の緊急対応方針等も本日、新たに改訂版がHP上に掲載されましたので、必ず目を通してください。

さて、今回は、シェークスピアの名言を紹介しましょう。

 

他人もまた同じ悲しみに悩んでいる
と思えば
心の傷は癒されなくても気は楽になる
(シェークスピア 英国の劇作家)


人が自信を失ったときの一番の苦しみは、喪失感と共に
たまらない孤独感に襲われることだと思います。
周りの人間は惨めな自分と違い自信にあふれ、 幸運にも恵まれて、
実に楽しくやっているように見えてしまいます。

しかし、そうでしょうか?

人は皆それぞれに悩みや不安を抱え生きているのだと思います。
苦しんでいるのは自分一人じゃない、と気づくことが、大切なのです。
そうすることで少しホッとし、一歩前へ、
という気持ちになるのでは
ないでしょうか。


学生の
皆さんも学生生活の中で様々な悩みを持つことになるでしょう。
しかし、それは、多かれ少なかれ誰もが経験することであり、
誰しも悩みを抱えながら自問自答し、道を探しているのです。

そうは言っても、時として、一人で抱えきれない場合があることも
事実です。
そんな時は、一人で抱え込んだり、自分自身に籠もることなく、
指導教員や顧問教員、そして、学生サービス課の私たちに
相談してください。

何かしらの、道筋が見えてくることと思います。

                                                                        学生サービス課   すわはら



 




 

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/19842