お知らせ

第22話 新型インフルエンザの予防対策について

  • 学生サービス課
  • at 2009/5/25 12:01:20

現在流行している新型インフルエンザ(H1N1型)については、5月9日、カナダから米国経由で帰国した高校生3名の感染が確認されて2週間余り、16日、国内での2次感染が確認されてから10日経過し、感染を確認された人は、321人に上りました。

さらに、世界に目を向けてみると、世界保健機関(WHO)の23日発表では、新型インフルエンザ(H1N1型)の感染者が日本時間同日午後3時現在、世界43カ国・地域で計1万2022人になったとのことです。

感染者最多は米国の6552人、次いでメキシコの3892人、カナダの719人、日本の321人、スペインの126人、英国の117人の順となり、死者数は86人。最多はメキシコの75人、米国の9人、カナダ、コスタリカの1人となっています。

さて、毎日のテレビ、新聞等の報道でご存じのとおり、豚インフルエンザから発生した今回の新型インフルエンザ(H1N1型)が、当初想定されていた強毒型の鳥型インフルエンザ(H5N1型)と異なり、①弱毒型であること、②感染力は季節インフルエンザより若干強いものの、現有の抗ウイルス薬「タミフル」が有効であること、③発熱相談センター等医療機関の対応に限度があること、等を理由に、対応への緩和策が検討されようとしています。
すでに、大阪府や神戸市などでは、国に対し緩和策を求め、一部実行しています。

そのような状況下、5月22日付けの文部科学省の「新型インフルエンザに関する対応について(第6報)」では、次のように呼びかけていますので、簡単にお知らせするとともに、感染拡大の予防について、皆さんの御協力を御願いします。


季節性インフルエンザと同程度との意見もある中、国内での感染防止策については、学校の臨時休業など不必要に強い措置となっているのではないか。・・・との質問に対し

当面の措置として掲げている事項は、咳エチケットなど季節性インフルエンザ対策と共通のものがあるが、今回のインフルエンザについては、専門諮問委員会の意見によれば、
①現時点では、基本的に国民に新型インフルエンザウイルス(H1N1型)に対する免疫がないと考えるべきであり、それに対応するワクチンが存在しない。
②基礎疾患(慢性疾患)を有する者を中心に重篤化する傾向にあり、一部死亡例が報告されていること
③ウイルスの感染力やウイルスがもたらす病原性などについて未解明な部分があること
④感染を繰り返すことにより、ウイルスが変異する可能性があること
等から、症状は季節性インフルエンザに類似するとしても、慎重に対応する必要があると考えられる。
                                としています。

そのため、国内での感染拡大防止策として、
①積極的疫学調査の徹底
②集会・スポーツ大会等の主催者に対する感染機会を減らすための工夫の要請
③学校・保育施設等の臨時休業の要請
④事業者に対する事業運営における感染機会を減らすための工夫の検討の要請
  などの措置を講じることとしています。

 以上のことから、一律の自粛、事業活動の縮小等を求めているものではないことが、理解できます。

ここで、皆さんに、お願いしたいことは、これまでの対応と同じです。

①マスクの着用・・・マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の悲惨を防ぐ効果があります。混み合った場所、特に乗り物など喚起が不十分で閉鎖的な場所での着用はもちろんのこと、発熱、咳やくしゃみなど、自らその症状を有する人は早めの着用をお願いします。屋外などで、すれ違いが困難になるほど混み合わず、咳き込む人のいない場所では必要はないといえます。
②手洗い、うがいの励行・・・手は接触感染の最有力ルートです。手洗いは、機会ある事に、洗剤を使用し30秒程度行うことが重要です。うがいも機会ある事に行いましょう!
③毎朝、体温を測る・・発熱や咳などの症状が現れたら、要注意です。外出時はマスクを着用しましょう。酷くなるようであれば、発熱相談センターに電話しましょう!
多くの人の集まる集会や雑踏を避ける・・・やむを得ず出掛ける場合は、①、②の予防対策を取りましょう。

⑤感染確認地域から帰ってきた場合などは、大学に出てくる前に保健管理センターに電話にて連絡し、指示を受けること。

⑥感染の症状が出た場合は、発熱相談センターに電話し、相談すること。なお、結果を保健管理センターに電話で報告すること。

 

本学の全学生及び教職員が、以上のような感染予防策を取ることによって、臨時休業等の緊急措置を取ることの無いようにしたいものですね。
皆様の御協力をお願いします。

                          学生サービス課 すわはら


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/19832