• 6件中
  • 1 - 6件を表示

16/2/2012

「おいでませ山口国体」のメインレースはなんと言っても成年個人ロードレースです。
美祢市発着特設コース(144km)は、山口県を代表する観光地秋吉台を走る歴史的景観の良いレイアウトになっています。
奈良県はユニバシアード4位の野口正則が補欠にまわるなど層の厚さを見せつけますが、前日のポイントレースで股関節を痛めた黒枝士揮(大分)や腰の調子が今ひとつの長瀬幸治(埼玉)が欠場するなど、ロードの鹿屋としてはい…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
 「おいでませ山口国体!」が山口県にて開催され鹿屋体育大学自転車競技部からも多数参加しました。
トラックが防府競輪場で10月
5~8日の4日間、ロードレースが美祢市・長門市を通る特設ロードコースで9日に行われました。鹿屋からは小林郁弥(4年鹿児島)、野中竜馬(4年広島)、新納大輝(4年鹿児島)、野口正則(3年奈良)、吉田隼人(4年奈良)、高宮正嗣(3)、緒方広毅(2年長崎)、黒枝士揮(2年大分)山…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
第4ステージ 9月19日モエレ沼公園特設コース 2.75kmタイムトライアルU23で黒枝初優勝!鹿屋として7連覇達成!
快挙、総合でも日本国籍チームトップの黒枝5位、山本6位!
 ツール・ド・北海道2011最終日は個人タイムトライアル。モエレ沼公園内に特設された2.75kmのテクニカルコース。
 順位が大きく変動することが少ないためか、優勝争いの選手を除き、殆どがリラックスした表情です。
 ツール・ド・北…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

11/2/2012

第3ステージ  9月18日 占冠村~江別市 171kmロードレース 公道での最終ステージは雨天。疲労が溜まりはじめた選手たちは、レース前から入念なアップを施しスタートを迎えます。

 レース前に黒川監督から「黒枝と山本は今日を乗り越えればそれが自分たちの順位になる。最後まで絶対にあきらめずに我慢強く走れ。吉田と山本は積極的に動いて下級生2人のアシストに徹しろ」と指示、黒枝士揮(2年)と山本元喜(2年)…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/2/2012

第2ステージ 9月17日 弟子屈町~鹿追町 210kmロードレース

 第2ステージのコースは序盤に1級山岳を越え、その後は平坦の210km。 
 今大会最長となるこのレースで、吉田がスタート直後にいきなりアタックをしました。チーム№1の力を持つ吉田ですが、初日にマシントラブルのアクシデントで遅れたため、今日からは後輩のアシストに切り替えました。
 吉田の先制攻撃で鹿屋の他の選手達は体力を温存出来き、終盤…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9/2/2012

ツール・ド・北海道は毎年9月に行われる日本最大のステージレース(UCI認定国際大会)です。その名の通り雄大な北海道各地を走っていきます。
 今年は道東及び道央を中心に9月16日(金)から19日(月・祝日)まで4日間の開催、ロードレースが3ステージ、タイムトライアルが1ステージの計4ステージ、総走行距離は約580km。国内外からナショナル・プロ・実業団・学連等の20チーム100名が参戦しました
 鹿屋体…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 6件中
  • 1 - 6件を表示