大会結果報告

  • 自転車競技部
  • at 2012/11/26 10:12:00

大会の結果報告のブログの更新が滞り、申し訳ありませんでした。



インターカレッジ最終日から、ツール・ド・北海道、国体、トラックW杯までの簡単な結果報告をさせていただきます。



インターカレッジ4日目はロードレース。



女子は、上野みなみが、優勝、塚越さくらが3位となりました。この結果、女子は、トラック、ロードの全種目を制覇し、文句なしの総合優勝を達成しました。



男子の方は、山本元喜が3位に入賞したものの、トラック競技でのリードを守った日本大学が、総合優勝のタイトルを獲得しました。


その2週間後、選手達は北海道に移動し、ツール・ド・北海道(9/15~17)に参加しました。



第1ステージでは、並みいる強豪スプリンターを抑え、黒枝士揮が、ステージ優勝、同時にリーダージャージを獲得しました。



これは、なんと学生初の快挙です!!



その後、第2、第3ステージでは、黒枝のリーダージャージと、U-23の総合成績を守るために鹿屋は積極的に動きますが、第3ステージまでを走り終えた結果、U-23の総合成績を守りきることは残念ながらできませんでした。




第1ステージ、トップでゴールに飛び込む黒枝選手



続いて、10/3~7の日程で行われた国民体育大会の結果を報告します。



鹿屋からは、


北海道…高宮(4年)
青森県…石橋(2年)
埼玉県…長瀬(2年)
福井県…中島(OB・愛三工業レーシング)、小林(OB)
岐阜県…橋本(1年)
奈良県…吉田(OB・ブリヂストンアンカー)、野口(4年主将)、山本(3年)
岡山県…原田(1年)、奥村(1年)
広島県…野中(OB・シマノレーシング)
山口県…小倉(OB・少年監督)、金野(OB)、柴崎(2年)
愛媛県…越智(OB・少年監督)
長崎県…宮崎(OG・少年監督)
大分県…黒枝(3年)
鹿児島県…荒木(OB・少年監督)、安田(OG・サポート)、山口(3年)、徳田(2年)、入佐(1年)


と、多くの、部員、OBが参加しました。


トラック個人種目では、1km タイムトライアルで原田が5位入賞、ポイントレースで橋本が優勝、野中が3位入賞、競輪では黒枝が優勝、奥村が7位入賞となりました。


トラック団体種目はチームスプリントで、小林の福井県代表が優勝、4km団体追い抜きでは、吉田、山本が出走の奈良県代表が優勝、黒枝出走の大分県代表が2位、原田出走の岡山県代表が4位、橋本出走の岐阜県代表が5位となりました。



最終日のロードレースでは、黒枝が5位入賞となりました。



そして、11/16~11/18にはトラックW杯第2戦がイギリス・グラスゴーで行われ鹿屋体育大学からは、前田佳代乃(4年)と橋本英也(1年)が出場しました。



前田選手は、スプリント、ケイリンに出場し、どちらも惜しくも予選落ちとなってしまいました。



橋本選手はオムニアム(200mタイムトライアル、ポイントレース、エリミネーション、スクラッチ、1kmタイムトライアル、4kmタイムトライアルを行い、総合の順位を争う)に出場しエリミネーション3位という好成績を残し、総合9位となりました。



今シーズンの残りのレースは、ツール・ド・おきなわのみとなりました。


引き続き応援よろしくお願いいたします。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/24595