試合結果

ツールド熊野最終ステージ結果

  • 自転車競技部
  • at 2011/5/29 20:49:43

最終日は、台風の影響でスタート直前まで開催自体が危ぶまれましたが、周回が6周(本来10周)に減らされ、予定よりも15分遅れでスタートしました。





距離が短くなった影響で、リーダーチームのダンジェロアンティヌッティと総合3位の西谷選手を擁する愛三工業レーシングが常にハイスピードで集団をコントロールする展開となりました。序盤に、中切れで後方に取り残された徳田は、メイン集団から脱落。山本、野中、野口、黒枝は最終周回までメイン集団内に残っていましたが、山本、野口、黒枝が前方で発生した落車で後方に取り残されてしまいました。20名前後となったメイン集団で一人となった野中でしたが、なんとかゴールスプリントに絡み、9位でフィニッシュとなり ました。序盤に脱落した徳田も数名で協力しながら完走し、1年生ながら初のUCI2クラスのステージレースを走りきり大健闘でした。来週は埼玉でチームタイムトライアルがあるので、今後ともご声援よろしくおねがいいたします。




第3ステージ結果

まだ、リザルトがでていないので公式HPに公表されていませんので、しばらくお待ちください。


最終成績

まだ、リザルトがでていないので公式HPに公表されていませんので、しばらくお待ちください。






  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/22101