メンバー紹介

2009年を振り返って/個人レポート【2年生】

  • 自転車競技部
  • at 2009/12/27 14:01:38

2009年も鹿屋体育大学自転車競技部を応援を頂き本当に有り難うございました。
部員の個人レポートを掲載します。黒川監督のちょっと辛口な評価のおまけ付きです!

 

2年 小林郁弥(こばやしふみや)
2009年は自分にとって自転車を始めた最初の年でした。
慣れない生活習慣、練習についていくのに精一杯の日々が続き、例年になく体調が優れない時が多かったため練習に参加できない時がありました。
また、自転車のメンテナンス不足による落車などで、上がってきていた調子も落としてしまったりと、なかなかもどかしい一年だったと感じています。
来年は体調管理、自転車のメンテナンスともにしっかり行い、常に良い状態で練習ができるよう心がけたいと思います。
【主な記録】
初心者につき実績はありません。
【監督評】
野球からの転向組ながら持ち前の優しくて明るいキャラクターでチームの人気者に。トレーニングは真面目だが準備の遅さや機材の手入れなど課題がある。男子短距離系の少ない鹿屋にとっては実に貴重な戦力として2年目は一気にレベルアップして欲しい。


2年 近藤美子(こんどうよしこ)
今年も1年たくさんの方に応援していただきありがとうございました。
今年は本当に厄年だからという言い訳をしたいほど、思ったように記録が伸びず、落車までしてボロボロでした。
でもインカレは楽しく、いい緊張感で出来たのでよかったです。
そして初の全国優勝もできてよかったのですが、自分が得意としてきた短距離での優勝はまだなので少し悔いが残ってます。
来年は今年みたいな事がないようシーズン初めから最高のパフォーマンスをお見せするので、来年もまた応援よろしくお願いします!!
【主な記録】
アジアカップ チームスプリント 第5位 初代日本記録樹立(前田佳代乃ペア)
全日本トラック選手権 スプリント 第3位
全日本インカレ チームスプリント 第1位 日本記録更新(前田佳代乃ペア)
全日本インカレ スプリント 第2位
全日本インカレ 500mTT 第2位
全日本インカレ ポイントレース 第2位
全日本学生トラック選手権  ポイントレース 優勝
明治神宮外苑クリテリウム 第2位 他
【監督評】
1年目は競技に集中出来ずに伸び悩んだが、2年目は競技に取り組む姿勢が変わった。得意の短距離だけでなく活路を見いだすために長距離にも積極的にチャレンジして予想通りの好成績を残した。オリンピック種目の変更(オムニウム導入)で更にモチベーションも上がっている。


2年 新納大輝(にいろだいき)
今年の反省は、インカレで少し結果を残すことが出来たことです。去年は全然だめでチームに貢献できなかったので、今年は出た種目入賞できたので少しは貢献できたかなと思っています。
今年は去年より少しずつ力がついてきたと思うので、もっと力をつけて来年は上位を目指したいと思います。
また来年は3年生になるので上級生らしい行動もとれるようにしたいです。
今年もスポンサーの方や応援してくださった方のおかげでいい結果も残すことが出来たので、来年も応援のほどよろしくお願いします。
【主な記録】
全日本アマ・トラック選手権 チームスプリント 優勝
全日本アマ・トラック選手権 1kmTT 第5位
国民体育大会  チームスプリント 第4位
国民体育大会  1kmTT 第5位
全日本インカレ チームスプリント 第2位
全日本インカレ スプリント 第4位
全日本学生トラック選手権 スプリント 第2位  他
【監督評】
真面目にトレーニングをこなし力も付き実績も順調に残せた。特に苦手のスプリントでの戦術(手の内)が増えてきた。短距離としては優しすぎる性格が難点だが、来期は短距離の中心としてチームを纏めなければならない立場であり自分にも周囲にも厳しくなって欲しい。


2年 野中竜馬(のなかりょうま)
今年は調子のいいときと悪いときの差が激しくて全然ダメだったレースもあるけど、全体的にみると去年よりは強くなれたと思います。
地元であった全日本選手権ではスタートしてすぐにちぎれてしまってそのままリタイアしてしまってそれが今年一番の反省点だと思います。
また今年はスポンサーなどの支えてくれる人のありがたさをしっかり感じながら活動ができたと思います。
また来年も最高の結果を出すように頑張るので鹿屋を応援して下さい。
【主な記録】
ツール・ド・おきなわ 第1ステージ(TT) 第6位
ツール・ド・北海道 第1ステージ(TT) 第12位
国民体育大会 ポイントレース 第9位
全日本学生チームロード 第2位
全日本インカレ ロード 第5位
全日本インカレ 4km団体追抜 第5位
西日本チャレンジロード U23 第3位   他
【監督評】
1年目の後半から力を発揮し始めて2年目の今年も順調に強化された。リザルトでは目立った実績は見当たらないが、レース中の積極性は高く評価できる。本人の意欲次第だが、この調子で強化を続けさらに戦術を理解できれば、来期あたりは念願の全国初優勝も期待できる。


2年 山下晋(やましたしん)スタッフ:セクレタリー
この一年間はスタッフとしてお手伝いさせてもらい、学ぶことがたくさんありました。
特にインカレはとても良い経験になりました。当番校として大会運営を手伝う中で、学連がどのような役割を果たしているか知ることができ、自分が知らないところで多くの人のお世話になっていることがわかりました。
来年は今年の経験を生かして率先してサポートをしたいです。来年もよろしくお願いします。
【監督評】
1年は選手だったが、今年からスタッフに転向しこまめな仕事を高い能力でこなしてくれた。初の当番校をまかされたインカレでは学生委員として活躍、鹿屋の面目を保ってくれた。インカレ後は北海道から日本縦断をするなど真から自転車大好き人間。


2年 吉田隼人(よしだはやと)
今年は色んな事で周りの人に迷惑をかける事が多々あったので、来年はそんな事が無いようにする事と、今年以上の成績をだせるようにします!
【主な記録】
東アジア大会 チームロード 第1位
ツール・ド・台湾 日本代表
ツアー・オブ・タイランド 日本代表(第5ステージ第2位)
ツアー・オブ・イラン 日本代表(第5ステージ第6位)
ツール・ド・コリア 日本代表(第7ステージ第6位)
国民体育大会 4km団体追抜 優勝
国民体育大会 ポイントレース 第2位
全日本学生クリテリウム選手権 1位  
明治神宮外苑クリテリウム 第2位
全日本学生チームロード 第2位  他
【監督評】
「強い吉田が帰ってきた」の一言、1年目に続き前半の取り組みは正直課題が残ったが、後半はトレーニング、実績共にパーフェクトに近く最も高い評価を与えられる一人。ポリシーを持った影響力のある人間だけに、3年目となる来期は彼の全ての動きに期待したい。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/20409