ニュース

新シーズンに向け第1回目タイムトライアル

  • 自転車競技部
  • at 2009/12/26 15:17:32

12月18日に納会を終えた自転車部ですが、23日(祝)に来期に向けた1回目のタイムトライアルを実施しました。

チームでは11月中旬から12月上旬に掛け海外遠征が多かったことや新型インフルエンザによる1週間の活動停止が2回もあり、例年より約1ヶ月早く11月中旬から事実上の自主トレ期間になっていました。

トレーニングの質・量ともに落ちやすい個人練習の影響を確認するため抜き打ち的に開催したタイムトライアルで、ホイールはノーマルに統一して行いました。

ジャッジには日本連盟1級審判員の黒川剛監督、海外遠征帰りで測定を免除された伊藤雅和キャプテン、内間康平強化部長、吉田隼人副強化部長らがあたりました。

予想通り多くの選手が苦戦を強いられトレーニングが形だけに終わっていることを見抜かれた一方で、1年生2名が大健闘、1kmTTで1分11秒0で野口正則、500mTT38秒2で前田佳代乃が、この時期でさらにノーマルホイールではかなりの好記録を出しました。

野口は4km個人追抜でもトップ、女子の1kmTTと3km個人追抜は2年生の近藤美子が制し、日頃から真剣に取り組んでいる選手が順調に強化されていることが確認されました。

チームでは今回の記録をもとに2月の明治神宮外苑クリテリウムの選手を選考することにしています。
 

 

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/20405