(財)日本自転車競技連盟は、11月22日(日)~12月3日(木)に11ステージ、総走行距離1543kmで行われる「ツール・ド・インドネシア2009」に派遣する日本ナショナルチームを発表、鹿屋からは伊藤雅和(3年/神奈川・法政第二高校卒)と内間康平(3年/沖縄県立北中城高校卒)の2名が出場します。

昨年大会では日本代表5名中4名を鹿屋が占めて話題となりましたが、今回の鹿屋からの出場は2名、しかし昨年大会で区間優勝2勝を挙げた伊藤への期待は大きいものがあります。
また、体調を崩し熊本国際ロードを欠場した内間も急激に調子を上げていて、レース終盤に向け活躍が期待されます。

皆様の暖かい応援を宜しくお願い申し上げます。


【大会予定】

11月22日(日) 第1ステージ/80.0kmクリテリウム(ジャカルタ)
11月23日(月) 第2ステージ/133.2kmロード(バンドン→)
11月24日(火) 第3ステージ/187.7kmロード(タシクマラヤ→)
11月25日(水) 第4ステージ/211.0kmロード(プルウォクルト→)
11月26日(木) 第5ステージ/143.8kmクリテリウム(スマラン)
11月27日(金) 休養日
11月28日(土) 第6ステージ/170.9kmロード(ジョグジャカルタ→)
11月29日(日) 第7ステージ/159.2kmロード(マディウン→)
11月30日(月) 第8ステージ/80.0kmクリテリウム(スラバヤ)
12月01日(火) 第9ステージ/163.0kmロード(プロボリンゴ→)
12月02日(水) 第10ステージ/135.0kmロード(ギリマヌク→)
12月03日(木) 第11ステージ/80.0kmクリテリウム(デンパサール)
※総走行距離:1543km


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/20348