国体トラック3日目は成年ポイントレース予選・決勝、4km速度競走の決勝が行われました。

午前中に行われた成年男子ポイントレースでは、鹿屋体大OBでもある中島康晴先輩(梅丹本舗GDR)、村上純平先輩(SHIMANO)と現役選手の伊藤(鹿児島)、野中(広島)、吉田(奈良)の5名が出場しました!

予選は順当に勝ちあがり、5名とも決勝へ進出しました。決勝では積極的にレース中も動き得点を重ねた吉田が大阪の辻善光選手とポイント得点で並び、最終の着順争いになりましたが、辻選手が1位、吉田が僅差で2位でゴールとなり、優勝は辻選手、吉田は惜しくも2位となりました!4位には福井県代表で初日のロードで優勝した中島先輩が入りました。

4速は準決勝・決勝が行われました。準決勝には、前日の予選で勝ち上がった篠原(香川)、野口(奈良)、高宮(鹿児島)の3名が出場し、野口と高宮が決勝に進出しました!

決勝では、スタートと同時に3名の逃げが決まり、先頭責任完了者が3名のまま、ゴールスプリントへ 前方3名の逃げと、それを追った大分県の明珍選手に次いで、集団の頭を取った野口が5位、その次に高宮がゴールし6位入賞を果たしました!

1年生コンビで見事入賞を果たしました。

本日は、野口・吉田の奈良県が団体追い抜き競走で優勝を目指し走ります!また、鹿児島チームは新納がチームスプリント3・4位決定戦で先日、宮城県に破られた国体新記録更新に挑みます!

ぜひ、応援よろしくお願いいたします!!


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/20233