国体トラック2日目は午前中に団体2種目があり4名で走る4km団体追抜競走で吉田隼人(2)・野口正則(1)らで構成される奈良チームが4295412番タイムを出し、最終日の決勝(12位決定戦)出場を決めました。決勝は明後日最終日、奈良チームは逆転大会新優勝を狙っています。

伊藤雅和(3)・高宮正嗣(1)の所属する鹿児島チームは4328176位が決定しました。

 

3名で走るチームスプリントには昨年大会記録で優勝した鹿児島チームで大久保光次(4)・新納大輝(2)が連続出場、朝の走行練習が雨で走れなかったアクシデント(他の時間帯は雨が止んで走れました)もあり硬い走りになってしまいましたが、1183414番タイムを出し最終日の34位決定戦に進みました。逆転3位を狙います。 

 

ケイリン準決勝には4組中3組目に大久保光次(4年・鹿児島)と金野亮太先輩(誠英高校教員・山口)が同じ組で出場、2番手につけた大久保はトップ通過も射程に入れた最終コーナーの出口で外側の選手と接触して大落車、幸い打撲と派手な擦過傷で済みましたが、昨年に続く同じ箇所での落車で同じく準決勝敗退となりました。大久保は2年前も決勝でパンクに見舞われて感想できておらず、3年連続の不運に国体でのケイリンと相性が悪いようです。金野先輩は4位で敗退でした。

  

4km速度競走予選は5組があり鹿屋からは3名が出走、3組の篠原力也(4年・香川)5組の野口正則(1年・奈良)がトップで、4組の高宮正嗣(1年・鹿児島)2位で通過しています。

 

 

さて今回の国体では初めて女子種目のエキシビションがあり、鹿屋からも近藤美子(2年・愛知)、前田佳代乃(1年・兵庫)が出走しています。今日のスプリントに続き、明日はチームスプリントとケイリンがあります。

 

 

明日は4㎞速度競走準決勝と決勝、ポイントレースの予選と決勝などがあり鹿屋勢が多数出場しますので応援宜しくお願い致します。

なお、チームHPの掲示板では鹿屋勢のレース情報をアップしていますのでチェックしてください。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/20224