ニュース

外国人も含め鹿屋でプロ合宿

  • 自転車競技部
  • at 2009/1/29 09:22:49

自転車界では冬期の合宿地としてすっかり定着した感の鹿屋ですが、この冬も多くの有名プロ選手が大隅路を走りました。

前半鹿屋OB清水都貴先輩・中島康晴先輩(梅丹GDR/フランス拠点)村上純平先輩(シマノ/オランダ拠点)らが、10月頃から長期のキャンプ地として仲間を誘って滞在されました。

北京オリンピック代表の宮澤崇史選手(梅丹本舗GDR→1月よりイタリア国籍のアミーカチップス・クナウフへ移籍)
 
08世界選手権代表の新城幸也選手(梅丹本舗GDR→1月よりフランス国籍のブイグ・テレコムへ移籍)

08世界選手権代表の井上和朗選手(チームNIPPO/イタリア拠点→1月よりアミーカチップス・クナウフへ移籍)
 
等のヨーロッパの有名チームに移籍する有名選手らも大隅半島で長期合宿を組み、正月明けに新しいチームに合流するため一足早くヨーロッパへ旅立って行きました。 


そして後半は、人気・実力とも国内最強のプロチーム「梅丹本舗GDR」(日本国籍/フランス拠点)の日本合宿が鹿屋(大隅半島)で行われました。

宮澤崇史選手・新城幸也選手のエース格2名が抜けた同チームですが、新たに加入した外国人選手の内、北京オリンピック韓国代表のパクソンベクら韓国人2名、フランス人2名も参加していて華やかな感じの合宿となりました。

あいにくこの冬1番の寒波に見舞われましたが、それでもさすがプロチーム、しっかりトレーニングを積み、取材や広報等の写真撮影、CM撮影などもこなし10日間の日程を終え昨日(1月28日)鹿屋を出発されました。

プロチームは海外に旅立っていきますが、鹿屋(大隅半島)では、これから3月頃まで国内実業団や大学チームが次々と訪れ合宿を張る予定です。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/19626