日記

野球場整備vol.16

  • 硬式野球部
  • at 2018/10/25 21:30:49

皆さん、こんにちは!

3年マネージャーの吉屋です。

 

この度、私たちのホームグラウンドでもあります「NIFS Blue Winds Stadium(鹿屋体育大学野球場)」の内外野スタンドにも照明設備が整いました

 

大まかな工事の工程は以下の通りです。

 

球場の周り全てを掘削し、本部からの電気を照明に流すための太い電線を地中に埋め込んでいきます(写真上3枚)。

 

 

コンクリートも削り、電線を埋めました(写真上)。

 

 

 

電線を埋めたら、後は電柱を立てるだけですが、先に基礎工事をする必要があります。

土台がきっちりしていないと鹿屋の強風を電柱が受け、倒れてしまう可能性があるからです。

クレーンを利用し、土台をしっかり作り、電柱を立てる準備は完了です(写真上)。

 

 

 

トラックで電柱を1本1本運んでいます(写真上)。

そして、完成し、いよいよ点灯…

 

 

 

外野全体までとても明るくなりました!

 

今回の工事は今年(2018年)の4月から始まり、約半年かけて行われました。

とても大がかりな工事となりました。

今後、現在バックネットに付いている照明もさらに明るくなるよう工事を行ってくださるそうです。

 

 

球場の環境がどんどん良くなっています。

それも鹿屋体育大学施設関係者の皆様、今回の工事に携わっていただいた工事関係者の皆様、OBOGの皆様、その他関係者の皆様、いつも応援してくださっている皆様のおかげです。

誠にありがとうございました。

この環境を当たり前と思わず、日々の練習に励み、結果で皆様に恩返ししたいと思います。

    


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://bu-log.nifs-k.ac.jp/tb.cgi/29732